トキメキファンタジー・ラテールの生息日記

ときどきIravati背景

# ときどきIravati

# プロフィール

れなっち

Author:れなっち
rena001.png
レナサフィリア
Lv220/フェイタルブレイド
Lv215/ソードダンサー


プロフィールの絵は
イチたんに塗ってもらいました☆
サンキュ──ヾ(*'∀`*)ノ──♪

©2006 Actozsoft, All right reserved.
©2006 Gamepot Inc, All right reserved.

# 最新記事

# Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

# QRコード

QRコード

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アンデットの群れに対し、善戦をしていたハシフ・カーンv。

しかし、メカブルジャの故障により一気に劣勢に変わる。


「くそう♪動け♪動けよぅ♪」

ペチペチと壊れたメカブルジャを叩くハシフ・カーンv。

「・・楽しそうね」

「・・とまぁ、冗談はこのくらいにして」

とポンコツと化したメカブルジャを仕舞い?なにやら思案するハシフ・カーンv。

そんな中、他のメンバーはアンデットと対峙していた。

「破邪、無雪!!」

刀による技に破邪の力を付加して、一刀のもとに切り伏せるリアナ。

「・・うさちゃん、ちょっと待って」

「あい?」

アリアシアが恋うさの槍に、なにやら魔法をかける。

「・・これで結構やりやすいはず」

「ォォオオー!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ オオォォー!!」

槍の矛先に、なにやら炎が纏(まと)わり付いている。

「んじゃさっそく・・・・烈風旋!!」

炎を纏った槍が、モンスターを切った先から燃やしていく。

「すげぇぇぇぇぇwwアリアっちサンキュ──ヾ(*'∀`*)ノ──♪」

「・・んb」

「烈風旋・焔と命名したじぇb」

アリアシアに炎の魔力を付加してもらって、集団相手に無双する恋うさ。

すでに襲い掛かって来ているアンデットの群れに、それぞれ対処する他のメンバー。

「まぁ、それしかないわな」

そしてハシフ・カーンvは、ある結論に至ったようだ。

「どうせ、各自で応対とか言うんでしょ?」

「Σナゼバレタシ」

「他にないじゃんw」

「くそう♪ってことでみんなよろしく(。´・ω-)bネッ」

「「キモッ」」

「・・・・いい加減、落ち込むぞ」

「だから、それどことじゃないんですってぇぇぇぇ(´;ω;`)」

3人が漫才打ち合わせをしている間、リアナが孤軍奮闘していた。

「んじゃ、いくぜ」

「ってハシフくん、メカないけど?」

「フッ、武器ならあるんだぜぃw」

と、懐からなにやら筒のようなものを取り出す。

「レィザァァァァラ○ン」
=====○)д`);.・;゛;ブッ

「辞世(じせい)の句は用意出来たかしら?(#^ω^)」

あまりのボケっぷりに、らびもさすがにご立腹の様子。

「・・・怖いって」

「いい加減空気読もうネェ~(#・∀・)」

「・・・・・ハイ」

「コホン、改めて・・・・
レィザァァァブレイドゥ!」

手にした筒は柄だったらしく、そこから光の刃が発現する。

「せぃやぁぁぁぁぁ!!」

その刃でアンデットを両断すると、そこから霧散し消滅する。

「こうかはばつぐんだ ▽」

「ハイハイ」

「そう言うらびは、なにもしてないように見受けられますが@p@」

「・・あのねぇ、ハシフくんと一緒にしないで」

そう言いながら、銃を構えるらび。

「銃弾に、魔力を込めてたところなの。
これで準備おっけ~っと」

「龍咆衝・轟焔(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ」

炎を纏い、集団に突撃していく恋うさ。

蹴散らしていく様が、まるでボーリングのようだった。

「・・・うさちゃん、楽しそうね」

ボーっと眺めているらびを、背後から近寄っていたアンデットが襲う。

「っと、遅いわよっ!」

ガガカン゙ッ!!

しかし、近づく前に気付かれ、掃射される。

「て、よくわかったな、あんなの」

「フフン♪そのへんは企業秘密♪」


一度は劣勢かと思われたが、各自の応対が良かったのか
優勢に持ち直す一行。

「はぁはぁ、いつまでこうしてるのよ」

「疲れた~(TдT)」

しかし事態が好転しないため、時間が経つにつれて徐々に押されてくる。

「これじゃ、召喚陣の基点を破壊しに行けないな・・・」

「・・・でも、だいぶ減ってきてはいる」

アリアシアの言うとおり、アンデットの数はかなり減っている。

どうやら、無限に召喚出来るわけではないようだ。

「だからといって、打ち止めまではもたないだろ?」

メンバーの顔を見渡すと、一様に疲労の色が出てきている。

「・・・それじゃ、私が」

「今結界を解いたら、確実に全滅するぞ」

色々思案するも、具体的な打開策が見つからない。

「・・・なに・・・あれ・・?」

そして、新たな問題が発生していた。



続く
続きを読む »

テーマ:トキメキファンタジー ラテール - ジャンル:オンラインゲーム

# 検索フォーム

# FC2カウンター

# カレンダー(月別)

12 ≪│2011/01│≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -