トキメキファンタジー・ラテールの生息日記

ときどきIravati背景

# ときどきIravati

# プロフィール

れなっち

Author:れなっち
rena001.png
レナサフィリア
Lv220/フェイタルブレイド
Lv215/ソードダンサー


プロフィールの絵は
イチたんに塗ってもらいました☆
サンキュ──ヾ(*'∀`*)ノ──♪

©2006 Actozsoft, All right reserved.
©2006 Gamepot Inc, All right reserved.

# 最新記事

# Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

# QRコード

QRコード

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクシデントにより、ハシフチームのハシフ・カーンv、
らびチームの円錐さんとそれぞれ欠くことになったが
レナの提案により、ハシフチームにツバーン
らびチームにアリアシアを加え試合が続行される。

というあらすじ(


「ううう・・・なんでこんなことに(;´Д`)」

「愚痴らないw愚痴らないw」

「このボクがいるじぇw」

「「一番不安なんだけど」」

「(TдT)」

一抹の不安を抱えるリーダー不在のハシフチーム。

「きゃーアリアちゃんキタ━(゚∀゚)━!」

「がんばりましょうね!」

「・・・・ん・・・・・鬱陶しい・・・・」

「アリアちゃん(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ」

リーダーが絶賛暴走中のらびチーム。

「そろそろ再開してもいいか?」

「そういえば、どっちからのサーブだっけ(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ」

「・・・・・・・・・・・燃やしていい?」

ズザァッ!

「ゴメンナサイ、ジチョウシマス」

「そうだぞっ!それはおれのやk・・・・・・・
ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!」

プスプスプス・・・・

復活しかかったハシフ・カーンvだが、トドメを刺されたようだ。

「さっきはハシフくんが決めてたから、ハシフチームからだな」

こんなやりとりも日常なのか、誰もハシフ・カーンvを気に留めない。


「んじゃボクが打つじぇ」

相変わらずの恋うさによるサーブ。

「略!」

バシッ!

そして技名?は一段と短くなっていた。

「っく・・」

しかし狙い?がいいのか、飛んでいったのは一番脅威となっているスーミラの後方ライン際だった。

「って私があげるしかないか」

かなりギリギリだったため、拾うのを優先させた結果
ボールがあがったのはらびの近くだった。

「ん~、アリアちゃんまかせた!」

誰にトスしようか迷ったらびだが、スーミラの様子からアリアシアにあげることにした。

「・・・・んっ!」
「おお?」

アリアシアの予想外にきちんとしたアタック体勢に、らびは驚く。

「ヤバイ!!」

慌ててブロックに飛ぶツバーン。

そして、アリアシアは予想以上の鋭い動きでボールを打つ。

ペチ・・・ヘロヘロヘロ~・・・・・ポスッ

「「「「「・・・・・・・・・・・・・」」」」」

「ぜっ零式・・・だと・・・・!?」
「いや、これ狙ってやってないでそ」

リアナの解説?にツッコむらび。

「なるほど、ワタシを本気にしたようだネ」

リアナにヘンなスイッチが入ったようだ。

「りったんになんかヘンなスイッチ・・・・うおっ」

辺りを見回すと、らび以外のメンツにもヘンなスイッチがONになっていた。

らびチームのサーブ、サーバーはスーミラ。

「一球入魂・・・・スカッドサーブ!」

ズギュン!

「(´゚ω゚)・*;'.、ブッ」

恐ろしいほどの速度のサーブがハシフチームに向かっていった。

「トリプルカウンター改、麒麟落とし!」

そのボールをリアナが相手コートにレシーブ。

「「・・・・・・・・・」」

「あれ?」

某王子様の技はバレーだと、効果が薄いようだ。

「アリアちゃん、チャンス!」

そして、さっきの零式な流れに。

ペチ・・・・ヘロヘロ~・・・

「二度目は・・・・ない!」

一度見ていたため、二度目はリアナによって拾われる。

「ボクが上げる!」

そして恋うさがツバーンにトスし

「ダンクスマッシュ!!!」

「「いや、それ普通にアタックしてるだけだから」」

懸命な技にもかかわらず、ごく普通なスパイクだった。

しかし、威力は侮れないものでスーミラがレシーブミスをするほどだった。

「ごめんなさい!」

コート外に飛んでいったそれをアリアシアが懸命に追う。

「・・・・だいじょう・・・・ぶ!」

なんとかコートのほうに戻すも、アリアシアはなにかに躓(つまず)いて転ぶ。

「いてて・・・人が寝てるところになんだ、なんだ?」

そのなにかはハシフ・カーンvだった。

「まったく、気をつけてくれよ・・・・な・・・・?」

そして、その手にはアリアシアの上の水着が握られていた。

「・・・・・・・・・・○▲□※?!?!?!?!?」

「いや、これはオレのせいじゃn・・・・・・・・・」

「って、アリアちゃんま・・・・・・・・・・・」

チュドーン!!!!!!!!


そして人類は滅亡した。

「「「ってそんなわけあるかーーーーい!!!!!!!」」」

「おっ、無事だったか」

アリアシアの魔法の暴発に巻き込まれ一同黒焦げの中、
レナだけは何事もなかったかのように涼しい顔をしていた。

「「「死ぬかとおもったわwwwwwwwww」」」

「てかレナさんだけ、なんで無傷なのさ・・・」

「障壁で防いだからな。
それより罰ゲームなんだが・・・この状況だ。
全員で片付けだな・・・・・」

「「「「デスヨネー」」」」

「・・・・ごめんなさい」

「いあ、アリアちゃんのせいじゃないってw」
「みんなでやれば早く終わるしねw」
「(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン」

こうして、誰が勝者なのかよくわからないうちにバレー大会は終了した。



続く
続きを読む »

テーマ:トキメキファンタジー ラテール - ジャンル:オンラインゲーム

# 検索フォーム

# FC2カウンター

# カレンダー(月別)

02 ≪│2012/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31